シアタールームには欠かせない防音機能やリフォーム費用について

シアタールームを作るなら防音対策について知っておくと安心です。シアタールームを作る際に発生するリフォーム費用についてもご紹介します。シアタールームを作りたいとお考えの方は、リフォームする必要のないオーディオハート株式会社のチェアスピーカーをぜひご検討ください。

遮音と吸音とは?2つの考え方がある防音

遮音と吸音とは?2つの考え方がある防音

防音には遮音と吸音の2つの考え方があります。

遮音とは?

音エネルギーが透過しにくい素材を使って音を遮り、外へ音が漏れないようにすることを遮音と言います。外へ漏れる音のボリュームが小さいほど遮音性が高いと言えます。遮音の材料としてよく使われる素材には、鉄やコンクリート、石膏などがあります。

吸音とは?

吸音材が音エネルギーを吸収して音の反射を小さくすることで、内部で発生する音を小さくすることを吸音と言います。音エネルギーの吸収によって反射する音が小さければ小さいほど、吸音性が高いと言えます。吸音材は、グラスウールやウレタンスポンジなどを使用することが多いです。

防音設備を作る場合は遮音対策を基本とし、場所や用途などを考慮しながら、適切な吸音対策を組み合わせていくことが大切です。

防音設備を取り入れるメリット

防音設備を取り入れるメリット

ご自宅に防音設備を取り入れるメリットは、ご自身が出した音を外部に漏らさない、周囲の方との騒音トラブルを可能な限り避けることができるというものです。

プライベートを守る

大音量で映画を観たい時、同じく大音量でゲームを楽しみたい時など、そこまで音が漏れ出す心配がないと、安心して集中できます。テレビからの音だけではなく、生活音が外部に漏れないことはプライベートを守ることにもつながっているのです。

トラブルを避ける

周囲の方との不必要なトラブルを避けることができるのも、防音設備を取り入れることのメリットです。夜中や早朝に、迫力のある大画面と高音質の音響機器を楽しみたい時も、防音設備が整っている自宅だと、周囲のことを気にせず楽しむことができます。

マンションの防音設備にかかる費用

マンションを防音室やシアタールームにリフォームするには費用がかかります。映画やスポーツ、VRやゲームを大画面・大音量で楽しみたいという方の中には、すでにリフォームを検討している方もいらっしゃるかもしれません。

一般的には、壁・床・窓・ドアなどをリフォームして防音対策することができますが、シアタールームともなると、防音室のリフォームや防音室を設置する必要があります。そのためには多くの費用を捻出しなければいけないことも。さらに、防音室のリフォーム後のデザインやカラーはどうするか、時間はどのくらいかかるのかなども気になります。

このような時間や手間をかけたくないという方は、オーディオハート株式会社のチェアスピーカーをご利用ください。置くだけで簡単に設置できますし、防音室にリフォームする必要もありません。

シアタールームを作りたくて防音設備のリフォームをお考えの方は、オーディオハート株式会社のチェアスピーカーをご検討ください。

音が漏れにくくなっている素材を利用したチェアスピーカーです。約-20dBの防音効果があり、そこまで大きなスペースも必要ないので、リフォームすることなく、今のお部屋の状態でご利用いただけます。

チェアスピーカーで防音のシアタールームを

会社名 オーディオハート株式会社
住所 〒277-0941 千葉県柏市高柳1丁目9−14
TEL 04-7193-2608 担当:相澤 (平日・休祭日10:00~18:00)
FAX 04-7193-2600
メール info@audio-heart.co.jp
URL https://audio-heart.co.jp/