サラウンドスピーカーのメーカーが伝える4Kテレビ

4Kテレビの4Kとは一体何なのか、疑問に思ったことはありませんか。そのような方のために、4Kテレビについてご紹介します。4Kテレビを購入する際、サラウンドスピーカーにもこだわることで、4Kテレビをさらに楽しむことができます。

4Kテレビの歴史~4Kという言葉はいつ誕生したのか~

4Kテレビの歴史~4Kという言葉はいつ誕生したのか~

4Kとは、フルハイビジョンテレビの4倍も画素数が大きいテレビという意味で、2K・4K・8Kというように、数字が大きくなればなるほど、その解像度は高くなります。

4Kという尺度がはじめて出たのは、2003年のことで、宇宙開発・宇宙探査用の高解像度のカメラに使用されていて、DALSA(ダルサ)という会社の「Origin」というデジタルカメラが製作されました。当時はハリウッド映画で何度か使用されたことはあるものの、非常に高価な機材で、あまりたくさんは使用されませんでした。

現在、4Kテレビは「4K液晶テレビ」と「4K有機ELテレビ」に分けられ、HDRに対応した4Kテレビも増えてきています。薄型テレビから4Kテレビや8Kテレビに買い替える方も多く、その影響で値段が安くなる傾向にあるので、発売された当初より購入しやすくなったと言えるでしょう。音響機器、スピーカーにも配慮しながら選んでみてください。

4Kテレビの魅力は?

4Kテレビの魅力は?

4Kテレビの魅力は、やはりきれいな画像です。フルハイビジョンの画素数は、1,920画素×1,080画素=約200万画素で、4Kテレビは、3,840画素×2,160画素=約800万画素になります。お伝えした通り、4Kテレビはフルハイビジョンのおよそ4倍の画像解像度、つまり、簡単に言えば、4倍きれいな画像でテレビを楽しめるということです。

解像度の違いは、画素の説明から入ります。そもそも画像は、一つ一つの小さな点の集合体です。それが画素と呼ばれ、画素の数字が大きいほど、きれいな画像や色合いのなめらかさなどを表現できます。テレビが普及し始めた時と比べて、テレビ画面は大きいものが好まれているので、画素数も大きくしなければ、画像の粗が目立ってしまうおそれがあります。それを避けるためにも4Kテレビはおすすめです。

4Kテレビをお持ちで、音響機器に納得がいってない方、もっとスピーカーの性能が高ければ4Kを購入しても良いのにとお考えの方は、オーディオハート株式会社のチェアスピーカーをご検討ください。

お客様の毎日に上質な音響体験をお届けします。椅子と一体になったサラウンドスピーカーですので、一戸建て住宅はもちろん、大きなスペースを確保できないマンションにも設置可能です。Dolby ATMOSも再生可能なチェアスピーカーで、見ただけではカバーしきれない迫力、画面の内側に溶け込んだかのような感覚をお楽しみください。

4Kテレビに対応するサラウンドスピーカーを購入するなら

会社名 オーディオハート株式会社
住所 〒277-0941 千葉県柏市高柳1丁目9−14
TEL 04-7193-2608 担当:相澤 (平日・休祭日10:00~18:00)
FAX 04-7193-2600
メール info@audio-heart.co.jp
URL https://audio-heart.co.jp/