VRS-1の試聴イメージ写真です。 大画面を目の前にして試聴します。

listening reference.jpg

スピーカとテレビの設置スペース。

55インチのテレビを使用したAV・VRシステムの設置スペースは1.5m x 2m、65インチでは1.6m x 2.2m 程度となります。
左右はどちらを開けても問題ありません。
Setting Space 2.jpg




テレビのサイズと試聴距離について。

このスピーカは55~65インチの4Kテレビと組み合わせることを前提に作られています。
これは、スピーカに座ったままテレビ台に設置したアンプ類に手が届き、かつ、画面がほぼ視野いっぱいになるテレビの大きさとなります。
55インチ4K画面の場合、試聴距離は一般的に103cm程度が最良とされています。
このスピーカの顔の位置は脚中心よりほぼ3cm程度後方になるため、画面と脚中心との距離は1mになります。
しかし、最適な試聴距離(画素の粗さが気にならないで、画面の視野角を大きくとれるように近づく事の出来る最短距離)は視力によって大きく異なります。
参考に、画面サイズ、視力と最適試聴距離の一覧表を作りましたので、ご参照ください。
視力が1.0 より良い人が、55インチのテレビを103cmの距離で見ると画面の画素が見えてしまいます。この場合、画素を気にせずに見るか、もう少し小さい4Kテレビを選択するか、テレビとの距離をもう少し離すようになります。 8Kテレビが一般的になれば、この問題は解決します。

視聴距離.png




AVアンプのセッティング。

より自然な音の再生にはAVアンプのセッティングが非常に重要となります。
距離の計算及びピンクノイズ+A-カーブによる音圧測定に基づく設定値を下記に示します。 実際の試聴においては、ソフト側の要素も加わるため、最適値についてはこの値をベースにさらに調整を行ってください。
なを、AV アンプはDENON AVR-X6400H
サブウーファ用アンプはDENON PMA-390REを使用し Vol. 5の状態で使用。
AVアンプ設定値.jpg


使用に関しては、Q&Aも併せてご参照ください。



使用上の注意。

このスピーカは仮想音像により定位感を実現しています。 定位憾の発達がまだ未熟な12歳以下の子供が利用しないようご注意願います。

このスピーカは、それほど大きなボリュームを出さなくとも音量感が得られるとともに、スピーカ内の音が外に出にくい遮音効果があります。 しかし、重低音は音が非常に遠くまで伝わりやすいとともに、スピーカのダイナミックレンジが広いため、つい大きな音量で聞いてしまうことがあり、深夜などでは重低音が近所の迷惑となる事があります。 サブウーファがなくともメインスピーカ・センタースピーカだけでも十分楽しめるだけの音域をもっていますので、深夜でのご使用の際には全体のボリュームを下げたり、サブウーファのアンプの電源を切って使用するなどの配慮をお願いします。